2019年後半のPC出荷台数が増加

投稿者: | 2020年1月14日

IT 市場の調査レポートを発行している IDC が、2019年第4四半期(10月〜12月)の PC 出荷台数予測を発表しました。

総括すると、Windows 7 EOS に伴う特需により、出荷台数が牽引されたという内容です。

EOS は “End Of Support” の略で、文字通り「サポートの終了」を意味します。

Windows OS のサポートは以下の2つに大別されます。

  • メインストリーム サポート
    新規機能の追加・改善、不具合の改修、セキュリティ更新プログラムなどが提供される。

  • 延長サポート
    (機能追加・改善はされずに)セキュリティ更新プログラムが提供される。

EOS は(この双方が終了し)サポートを受けられなくなることを意味します。

これによって、今まで Windows Update で定期的に提供されていた “セキュリティ更新プログラム” の取得ができなくなり、セキュリティ的に脆弱な状態になりがちになるため、買い替えが促進されたというわけです。

base on Traditional PC Volumes Close Out an Impressive 2019 with Fourth Quarter Growth of 4.8%, According to IDC
13 Jan 2020
Traditional PC Volumes Close Out an Impressive 2019 with Fourth Quarter Growth of 4.8%, According to IDC
Japan: The PC market maintained its Windows 7 EOS-driven momentum in 4Q19. The consumer segment is likely to show stronger growth in 2020 while the commercial segment should meet expectations.

IDCによると、従来のPCボリュームは印象的な2019年を締め切り、第4四半期の成長率は4.8%でした
日本: PC市場は4Q19でWindows 7 EOS主導の勢いを維持しました。消費者セグメントは2020年に力強い成長を示す可能性がありますが、商業セグメントは期待に応えるでしょう。

興味深いのは、上位5社の順番です。

  1. Lenovo
  2. HP
  3. Dell
  4. Apple
  5. Acer

となっています。

企業勤めをしていると、Dell・HP 二強に感じますが、全体で観ると Lenovo が強いようです。