Windows 時計のカスタマイズに便利な T-Clock Redux

投稿者: | 2019年3月3日

皆さんはPCを使っている時、時刻をどのように把握していますか。
私はタスクバーの右端にある時計を見ています。

この時計、Lubuntuは大きく表示されるので見やすいのですが、Windowsだと小さくて見づらいです。

そんな Windowsのタスクバー右端の時計を見やすくカスタマイズできるのが T-Clock Redux です。

T-Clock Redux

仕様について

書式変更

Windows タスクバー右端の日付については(西暦・和暦や yy/mm/dd などの)フォーマットの変更のみ可能です。
ですが、このフォーマット変更も注意しないといけません。

他ソフトウェアへ影響がない

上記、Windows標準の「日付と時刻の設定」を操作すると、Excelで影響が出ることがあります。
※セルの書式が標準になっている場合など。

日付表示がフォーマットに影響されるためですが、これによりPCが変わると表示が違って見える原因になります。
なお、ユーザ設定で日付を明示的に設定している場合は影響されません。

フォント変更

Windows標準の日付は、フォントの種類・サイズを変更することができませんが、T-Clock ではフォントの種類・サイズを変更することができます。
これは便利で、サイズを大きくすることで見やすくすることができます。

その他

NTPクライアント機能やスタートボタン改造機能などもあるようです。
※必要がないので試していませんが…。