OpenMediaVault + Banana Pi でなんちゃって RAID

投稿者: | 2019年1月9日

昨日の記事「OpenMediaVault でソフトウェア RAID を組む」でご紹介したとおり、Banana Pi M1 Classic + OMV では RAID を構成することができませんでした。

Banana Pi 上の OMV は私一人が使っているストレージなので、なんとなく二重化するような運用を考えてみました。

バッチコピー

rsyncコマンドを使って定期的に同期させるパターン。

  • 画面
    [システム] – [スケジュールされたジョブ]

  • 実行タイミング
    実行タイミングは下記から選択可能です。

    • 特定の日時
    • 毎時
    • 毎日
    • 毎週
    • 毎月
    • 毎年
    • 再起動時

※要は cron なので「毎時1分に実行」というようなことも可能です。

  • 処理
    コマンドを記述します。
    ※入力欄が1行なので、場合によってはスクリプトを記述する必要があるかも。
    (それなら cron 直メンテで良いじゃん、と言われそう)。

  • その他
    Web管理画面で即時実行も可能です。

  • rsync
$ rsync -av /srv/backup-src/* /srv/backup-dest

ソース管理

OpenMediaVault などのファイル共有の仕組みではなく、Subversion(SVN)や git などの仕組みを使ってファイルを管理するパターン。

この場合、ローカルにコピーが作成されるので擬似的に二重化されます。
都度、コミットやプッシュなどが必要になりますが、これはこれで合理的かも。

プライベートストレージ

ownCloud や nextCloud などのプライベートオンラインストレージを使うのも、結果的にはソース管理と同じかなと思っています。
SVN や git 同様にローカルにコピーが存在し、且つ履歴管理されているので。