ReadyNAS 316 のバックアップログが詳しくなっていた

投稿者: | 2018年7月17日

NETGEAR製の「ReadyNAS 316(RN31600)」のバックアップログが詳しくなっていました。
普段は管理画面から正常やエラーなどのステータスしか確認しないので、気づきませんでした。

ReadyNAS 316 概要

ReadyNAS 316 は、Dual-Core Atom 搭載の 6ベイストレージ製品です。

base on ネットワークストレージ(NAS)・ ReadyNAS® 316 6ベイ ユニファイド ネットワークストレージ(ベアボーンタイプ) RN31600 | 140,000 円 | ネットギア【NETGEAR】

ReadyNAS 316
CPU Intel Atom 2.1GHz デュアルコア
メモリ 2GB
ドライブベイ 6
選択可能なRAIDレベル JBOD/0/1/5/6/10, X-RAID2
ホットスワップ対応
最大容量 36TB / 96TB(EDA500 拡張ユニット(オプション)使用時)
拡張ポート eSATA x 2、USB 2.0 x 1、USB 3.0 x 2
NIC 1Gbps x 2
ネットワークファイルサービス CIFS / SMB / AFP3.3 / NFSv3 / HTTP / HTTPS / FTP / FTPS / Rsync / WebDAV / Active Directory / SSL
HDMIポート 1
本体内蔵 200W 電源、ステータスディスプレイ、シャーシ冷却ファン 120 mm
寸法 DxWxH (mm) 288 x 192 x 259
重量 (kg) 7.53

ログ項目

ログ項目には以前から以下の8項目がありました。

  • バックアップジョブ名
  • バックアップジョブタイプ
  • プロトコル
  • バックアップ元
  • バックアップ先
  • バックアップ開始時間
  • バックアップ終了時間
  • バックアップステータス

今回トレーサビリティに使えそうな下記2項目が追加されました。

  • Copy Folder
  • Copy File

なお、ログは上に追記されていく(最新が一番上に表示される)ので確認が楽です。