DB管理ツール「adminer」が便利

投稿者: | 2018年2月19日

普段から状況が許せば”adminer”を導入するようにしています。
サーバサイドでWebアプリを設定しておくと何かと便利なので。

adminerのメリット

  • phpMyadminやphpPgadminのようにDB毎にツールを用意しなくてすむ
    1ファイルで複数のDBをサポートしています。

    • MySQL(MariaDB)
    • PostgreSQL
    • SQLite {2,3}
    • Oracle
    • SimpleDB
    • MS SQL(SQLサーバ)
      ...
  • 設置が簡単
    公式サイトからダウンロードして設置するか、パッケージから導入するか選べる。
    1ファイルで完結するので、パッケージ管理しなくても良い手軽さがGood!

adminer の設置&設定

以下、「Armbian の LAMP化 まとめ」で、adminerをパッケージ導入した際の設定方法になります。

インストール先を確認

$ whereis adminer
adminer: /etc/adminer /usr/share/adminer

設定ファイルを確認

$ ls /etc/adminer
apache.conf

設定ファイルに追記

<Directory>ディレクティブ「 /usr/share/adminer/adminer」の末尾4行に許可するネットワークを追記しています。

$ head -n 11 /etc/adminer/apache.conf
#Apache configuration

Alias /adminer /usr/share/adminer/adminer

<Directory /usr/share/adminer/adminer>
    Options FollowSymLinks
    DirectoryIndex index.php
    Order Deny,Allow           # 追記
    Deny from all              # 追記
    Allow from 127.0.0.1       # 追記
    Allow from 192.168.2.0/24  # 追記

Apache起動時に設定ファイルをロードするように追記

$ cat /etc/apache2/apache2.conf | grep apache.conf
IncludeOptional /etc/adminer/apache.conf

アクセス方法

ブラウザからアクセス

  • {SERVER_ADDR}/adminer/
    なお、SQLiteの場合は、[データベース]欄にサーバのフルパスを入力すればアクセスできます。
    ※SQLiteにはアクセス権限がないため
カテゴリー: DB