Ubuntuの最新カーネルでPCが起動しない

投稿者: | 2018年2月2日

普段モバイルで使っているVersaProが外出先で起動しなくなったので焦りました。

BIOSは正常に起動してUbuntuに制御が移るところまでは確認できたので、ハードウェア障害の可能性は低そうだと判断できました。

真っ先に思いつくのが、自宅でアップデート(apt-get update, upgrade)したのが原因だろうなぁ・・・ということぐらい。

原因

Ubuntuの最新カーネル”4.13.0-26-generic”だと起動しない...。

臨時対応

以前のカーネルが残っているので、起動時にそちらを選択して起動します。

操作方法

GRUBメニューを表示

起動時に”Shift”キーを押す

  • (BIOSとキーが競合することはないと思うので)最初からキーを優しく連打します
  • GRUB loading.. と表示されたら、キーを押すのを止めます
  • しばらくすると、GRUBメニューが表示されます

GRUBメニューで古い方のカーネルを選択

  • “Advanced options for Ubuntu”に移動してEnterキーで選択します
  • 一覧から古い方のカーネルを選択します
    • 私の場合は、”Ubuntu, with Linux 4.10.0-37-generic”でした

しばらくすると起動します

なお、以下のコマンドで現在のカーネルを確認できます。

$ uname -r
4.10.0-37-generic

恒久対応

毎回、同じ作業は面倒なので、デフォルトの設定を変更します。
※後日、新しくなったカーネルでも起動する場合は、同じ方法で元に戻せます

GRUBの設定変更

カーネル名を確認

上記、臨時対応で起動した後にカーネルの名称を確認します。

今回は、臨時対応時にGRUBメニューでバージョン”4.xx”なのが分かっているので、以下コマンドで確認しました。

$ cat /boot/grub/grub.cfg | grep 'Linux 4'
   set default="1>Ubuntu, with Linux 4.10.0-37-generic"
    menuentry 'Ubuntu, with Linux 4.13.0-26-generic' --class ubuntu --class gnu-linux --class gnu --class os $menuentry_id_option 'gnulinux-4.13.0-26-generic-advanced-e08a850b-13b9-43f5-a379-a9ad3608cfea' {
        echo    'Linux 4.13.0-26-generic をロード中...'
    menuentry 'Ubuntu, with Linux 4.13.0-26-generic (recovery mode)' --class ubuntu --class gnu-linux --class gnu --class os $menuentry_id_option 'gnulinux-4.13.0-26-generic-recovery-e08a850b-13b9-43f5-a379-a9ad3608cfea' {
        echo    'Linux 4.13.0-26-generic をロード中...'
    menuentry 'Ubuntu, with Linux 4.10.0-37-generic' --class ubuntu --class gnu-linux --class gnu --class os $menuentry_id_option 'gnulinux-4.10.0-37-generic-advanced-e08a850b-13b9-43f5-a379-a9ad3608cfea' {
        echo    'Linux 4.10.0-37-generic をロード中...'
    menuentry 'Ubuntu, with Linux 4.10.0-37-generic (recovery mode)' --class ubuntu --class gnu-linux --class gnu --class os $menuentry_id_option 'gnulinux-4.10.0-37-generic-recovery-e08a850b-13b9-43f5-a379-a9ad3608cfea' {
        echo    'Linux 4.10.0-37-generic をロード中...'

なお、viやlessコマンドでファイルを閲覧する際は”submenu”の下にあります。

今回は、2つのカーネル名が確認できます。

  • Ubuntu, with Linux 4.10.0-37-generic
  • Ubuntu, with Linux 4.13.0-26-generic

カーネルの設定変更

GRUB2は設定ファイル”/etc/default/grub”を編集した後、(先ほどカーネル名を確認した)”/boot/grub/grub.cfg”を生成します。

設定ファイルの編集

“GRUB_DEFAULT”行を変更します。

$ head /etc/default/grub 
# If you change this file, run 'update-grub' afterwards to update
# /boot/grub/grub.cfg.
# For full documentation of the options in this file, see:
#   info -f grub -n 'Simple configuration'

#GRUB_DEFAULT=0
GRUB_DEFAULT="1>Ubuntu, with Linux 4.10.0-37-generic"
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true
GRUB_TIMEOUT=10

なお、以下のようにフルで入力してもOKな模様。

GRUB_DEFAULT="Advanced options for Ubuntu>Ubuntu, with Linux 4.10.0-37-generic"

grub.cfg 生成

編集した”/etc/default/grub”から”/boot/grub/grub.cfg”を再生成します。

$ sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg 
Generating grub configuration file ...
Warning: Setting GRUB_TIMEOUT to a non-zero value when GRUB_HIDDEN_TIMEOUT is set is no longer supported.
Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-4.13.0-26-generic
Found initrd image: /boot/initrd.img-4.13.0-26-generic
Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-4.10.0-37-generic
Found initrd image: /boot/initrd.img-4.10.0-37-generic
Found memtest86+ image: /boot/memtest86+.elf
Found memtest86+ image: /boot/memtest86+.bin
完了

base on grub-mkconfig

GRUB-MKCONFIG(8) System Administration Utilities

NAME grub-mkconfig – generate a GRUB configuration file

SYNOPSIS grub-mkconfig [OPTION]

DESCRIPTION
Generate a grub config file

   -o, --output=FILE
          output generated config to FILE [default=stdout]

   -h, --help
          print this message and exit

   -v, --version
          print the version information and exit

教訓

アップデート後、可能なら再起動して確認する。