OSS等よく使う製品のサポートサイクル

投稿者: | 2017年9月20日

以前、LAMP・LAPP環境のサポート期限の記事を書いたんですが、クライアントから「サポートサイクル(サポートポリシー)はどうなっているの?」と問い合わせを受けたので調べてみました。

OS

RHEL

Red Hat Enterprise Linuxのライフサイクル

  • 10年(+約3年の”Extended Life Phase”)
    ※Extended Life Phase:限定的なサポートしか提供されないが、Red Hat CDNからソフトウェアを入手できる延命期間

Red Hat Enterprise Linux versions 5, 6, and 7 each deliver 10 years of support in Production Phases 1, 2, and 3 followed by an Extended Life Phase.
(Red Hat Enterprise Linuxバージョン5,6,7は、それぞれProduction Phase 1,2および3で10年のサポートを提供し、続いてExtended Life Phaseをサポートします。)

CentOS

CentOSのポリシーはRHELに準ずる

  • 10年

CentOS conforms fully with Red Hat, Inc’s redistribution policies and aims to be functionally compatible with Red Hat Enterprise Linux. CentOS mainly changes packages to remove trademarked vendor branding and artwork.
(CentOSはRed Hat、Incの再配布ポリシーに完全に準拠しており、Red Hat Enterprise Linuxと機能的に互換性があることを目指しています。 CentOSは、主に商標変更されたベンダーのブランドとアートワークを削除するためにパッケージを変更します。)

Ubuntu

Ubuntuリリースライフプラン

  • LTS(長期サポート版)は5年

Standard Ubuntu releases are supported for 9 months and Ubuntu LTS (long-term support) releases are supported for five years on both the desktop and the server. During that time, there will be security fixes and other critical updates.
(標準のUbuntuリリースは9ヶ月間サポートされており、Ubuntu LTS(長期サポート)リリースはデスクトップとサーバーの両方で5年間サポートされています。その間、セキュリティの修正やその他の重要な更新が行われます。)

Debian

Debianサポートポリシー

  • 5年

Debian Long Term Support (LTS) is a project to extend the lifetime of all Debian stable releases to (at least) 5 years. Debian LTS will not be handled by the Debian security team, but by a separate group of volunteers and companies interested in making it a success.
(Debian Long Term Support(LTS)はすべてのDebian安定版リリースの寿命を(少なくとも)5年に延長するプロジェクトです。 Debian LTSはDebianのセキュリティチームによって処理されるのではなく、それを成功させることに関心のあるボランティアと企業の別々のグループによって扱われます。)

Web Server

Apache

Apache HTTP Server

  • 過去を見る限り、10年ほどの様です

Scripting language

PHP

PHPサポートバージョン情報

  • 基本2年+セキュリティサポートが1年(最長3年)

Each release branch of PHP is fully supported for two years from its initial stable release. During this period, bugs and security issues that have been reported are fixed and are released in regular point releases.
(PHPの各リリースブランチは、最初の安定リリースから2年間完全にサポートされています。この間、報告されているバグやセキュリティの問題は修正され、通常のリリースでリリースされます。)
After this two year period of active support, each branch is then supported for an additional year for critical security issues only. Releases during this period are made on an as-needed basis: there may be multiple point releases, or none, depending on the number of reports.
(この2年間の積極的なサポートの後、各支店は重大なセキュリティ上の問題のためにさらに1年間サポートされます。この期間のリリースは、必要に応じて行われます。レポートの数に応じて、複数のリリースが存在する場合もあれば、存在しない場合もあります。)
Once the three years of support are completed, the branch reaches its end of life and is no longer supported.
(3年間のサポートが完了すると、ブランチの寿命が終了し、サポートが終了します。)

RDBMS

MySQL(Community Edition)

MySQLテクニカルサポート

  • 5年の模様です

MariaDB(Community Edition)

MariaDBメンテナンスポリシー

  • 基本5年

The latest release, 10.1, was announced as stable in November 2015 and will be maintained until at least November 2020. The version currently under development, 10.2, is scheduled to be announced as stable in early 2017.
(最新リリース10.1は、2015年11月に安定版として発表され、少なくとも2020年11月まで維持されます。現在開発中のバージョン10.2は、2017年初頭に安定して発表される予定です。)
A new MariaDB Server version will be announced for General Availability approximately once a year. The MariaDB Foundation guarantees that every release will be maintained for at least 5 years. The MariaDB Foundation prioritizes security fixes and major bug fixes that affect a large amount of users, and other fixes that are important to the members and sponsors of the foundation.
(一般的な可用性のために、新しいMariaDB Serverバージョンが約1年に1回発表されます。 MariaDB Foundationは、すべてのリリースが少なくとも5年間維持されることを保証します。 MariaDB Foundationは、大量のユーザーに影響を及ぼすセキュリティ修正や重大なバグ修正、および基盤のメンバーとスポンサーにとって重要なその他の修正を優先します。)

PostgreSQL

PostgreSQLサポートバージョン

  • 基本5年

The PostgreSQL project aims to fully support a major release for five years.
(PostgreSQLプロジェクトは、5年間のメジャーリリースを完全にサポートすることを目指しています。)