Wine 2 では 一太郎の暗号化ファイルが開けないことがある

投稿者: | 2017年8月20日

先日「Wine 2.0.2を導入する」で文字通りWine 2.0.2 を導入したので、一太郎ビューアを導入しました。

以前、Wine 1.6 の時に「一太郎2008を導入」したのですが、その後「メインのコンソールPCのHDDを縮小」した際にクリーンインストールしたため、一太郎ファイルが開けなくなっていました。

一太郎ビューア自体は特に問題なく導入できたのですが、一太郎の暗号化ファイルが開けません。

現在、一太郎では3つの暗号化方式でファイルを保存することができます。

  • 旧方式 : 一太郎2006まで使われていた形式
  • RC4(128bit) : 以前は広く使われていたが、現在は脆弱性が見つかり主流ではない
  • AES(128bit) : メジャーな暗号化方式の一つ、米国商務省標準技術局によって制定

各形式で、オープン可否を確認したところ、以下のようになりました。

暗号化方式 ファイル形式 オープン可否
旧方式 jtd OK
旧方式 jtdc OK
RC4(128bit) jtd OK
RC4(128bit) jtdc OK
AES128 jtd NG
AES128 jtdc NG

AES128ファイルを開く際のエラーメッセージが”Windows XP以降でないと非対応”という感じのものなので、”.net Framework”あたりを入れることで解消されるかもしれません。