Celeron M にもPAE対応CPUはある

投稿者: | 2017年8月3日

以前「VY12M/C-3にはLubuntu 16.04.2を導入しました」で記事にしましたが、Celeron M 443 搭載機の”VY12M/C-3″に”lubuntu 16.04.2″を直インストールして使っています。

“Lubuntu 14″以降は、PAEを要求するので、以前は安直に”Lubuntu 12.04″を導入して地道にアップデートを繰り返したのですが、すっかり忘れていて普通に”Lubuntu 16.04.2″をインストールしてしまいました。
結果的には全く問題なく Celeron M 443 はPAE対応CPUのようです。

$ cat /proc/cpuinfo | grep pae
flags       : fpu vme de pse tsc msr "pae" mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss tm pbe nx constant_tsc arch_perfmon bts aperfmperf eagerfpu pni monitor tm2 xtpr pdcm dtherm

インテルの製品仕様ページにも記載がないので確認しないと(Celeron M、Pentium M系は)分からないのが難点ですね。
インテル Celeron® M プロセッサー ULV 443