MM-BTUD43のドライバについて

投稿者: | 2017年4月6日

Class1のBluetoothデバイスの「MM-BTUD43」ですが、提供ドライバがWindows8までしかありません。

Windows 10だと「Generic Bluetooth Radio」と認識されることがありますが、これだと機器とペアリングが出来ません。
この場合は、一度「Generic Bluetooth Radio」を削除して再起動します。

すると、下記2つのドライバが導入されるので、ペアリングができるようになります。

  • Microsoft Bluetooth Enumerator
  • Microsoft Bluetooth LE Enumerator

ペアリングで数値が表示されない場合

ちなみに、初回のペアリングに失敗すると入力する数値が表示されなくなることがあります。
その場合は、一度接続済みのキーボードから「0000」等を入力し、その後ペアリング準備済みのキーボードから「0000」を入力し、Enterキーを押下すると認証されます。

認証用の数値が用意されない場合は、自分で入力した値と同じであれば認証されるようです。