NAS4FreeでのVirtualBox利用手順

投稿者: | 2017年3月16日

NAS4FreeにはVirtualBoxと管理画面phpVirtualBoxが用意されています。
マシンリソースに余裕があるようであれば、ファイルサーバに独立したサーバを構築することが出来ます。

事前準備

事前に「ツール > Execute Command」でVM用フォルダを作っておきましょう。
例)$ mkdir /mnt/zfs_pool/vm

VirtualBoxサービスを起動する

「Virtualization > VirtualBox」画面で[有効]にチェックを入れ、[保存して再起動]ボタンをクリックします。
※サービスが再起動するだけで、PC自体はリブートしません

phpVirtualBoxの初期id / パスワード

admin / admin

仮想OSのインストール

OSを新規にインストールする場合は、ISOファイルを用意しておいたほうが便利です。
CD・DVDなどのインストールメディアしかない場合は、「ImgBurn」等のフリーソフトを使ってISO化できます。
ISOファイルはどこに置いても認識できますが、通常はファイル共有のどこかに置くことになると思います。
実際のインストール作業自体は通常のVirtualBoxと変わらないので割愛します。

VNC接続用パスワードの設定

リモート接続用noVNCの初期パスワードは、[設定]-[ディスプレイ]-[リモートディスプレイ]の「VNC Password」で設定します。
「Net Address」欄は空欄でOKです(サーバのIPが使われる)。

Guest Addisionsの導入

通常のVirtualBox同様に「Guest Addisions」は必須です。
これがないとマウスの機嫌が良くなりません。
仮想マシン起動中に[設定]ボタンを押すと「Guest Addisions のインストール」が表示されるので、選択します。
ダウンロードするか聞かれるので、任意の場所に保存した後、光学式ドライブにマウントして普通にインストールしました。
3.16現在で「VBoxGuestAdditions_5.1.12.iso」でした。

VNCクライアントの使用

NAS4Freeには仮想マシンのリモート接続用にHTML5で実装されたnoVNCが用意されていますが、私の環境では全くと言っていいほど安定しなかったので、Remminaの設定をしました。
ちなみに、Vivaldiでしか試していません。
Firefoxとかなら上手く行くかもしれませんが、どちらにしてもブラウザベースで使うつもりがないのでスルーします。

Remminaでの使用

KRDCやWindows版TightVNCでは特に問題なく動きましたが、Remminaでは事前に設定を保存する必要がありました。

  • 設定内容例
    • プロトコル:VNC – 仮想ネットワークコンピューティング
    • サーバー:192.168.x.xxx:9000
    • リピーター:空欄のまま
    • ユーザ名:admin
    • パスワード:設定したパスワード

使用感

VNCとは思えないほどレスポンスが良いです。
RDPの用にオーディオやプリンタのリダイレクトなどの機能はありませんが、通常のサポート業務には全く差し支えないレベルです。