KVI-70Bのバッテリ消耗対策〜その2〜

投稿者: | 2016年11月10日

前回(11/9)、就寝前に100%充電して朝起きたらバッテリ残容量が50%近くまで減っていたので、「スリープ時はWi-FiをOFFにする」設定変更をしました。

で、結果ですが、スリープ時でも朝起きると100%→61%だったので、スリープ時のWi-Fiをカットすることで10%程度はバッテリの消耗を抑えることができそうです。
とはいえ、これでは散歩にも連れていけません。
(夕方には完全に消耗して休止状態になっていました)。

本当は、休止状態が使えればよいのですが、コマンドプロンプトから「powercfg /H on」を実行したところ、ハードウェアがサポートしていないようで設定できませんでした。

バッテリが消耗すると充電しながらでも起動すらできなくなるので、2Aの充電器(付属のは1.5A)で5〜10分程度待たされます。
お散歩時はモバイルバッテリを携帯し、早めにご飯をあげる優しさが求められますヾ(@°▽°@)ノ。

しかたがないので、BIOS設定を見なおすことにしました。

あんまり効果がなさそうですが、GPSと加速度センサー(Gravity Sensor)、それにカメラ(Rear Camera、Front Camera)をDisabledに設定し、さらに効果がなさそうだけれど「Ipv4 PXE Support」もDisabledにしました。
あと、CPUの「Enhanced C state」はEnabledに。

もう少し様子を見てみます。

それと嬉しいことが1つ( ・◡・ )。
ストレージの空き容量が3GB超に!
ディスクのクリーンアップって即時反映じゃないんだっけ(´・ω・`)